川崎病記録15

症状のおさらい

話の途中ですが、ちょっとここで川崎病になってから長男に現れた症状をまとめてみました。

インスタにも以前載せましたが、川崎病と診断されるには、5日間以上続く高熱と、首やリンパ周辺の腫れ、両目の充血、唇や舌が赤くなる、手や足が赤く腫れたり湿疹が出たりする、BCGの跡が腫れる、

などと言った症状のうち5つが当てはまると川崎病と診断されるそう…

長男の場合…

高熱は2日続いていました、

 

ただでさえ点滴や酸素濃度をはかる機会などをごちゃごちゃと体につけて、首も傾いていて眠りづらい状況なのに、高熱と吐き気でろくに眠れない長男は本当に可哀想でした( ・ ・̥ )

このとき3歳の長男、入院前は結構おもらししてしまうことが多かったのに、入院中は夜中でも泣きながらおしっこ💦と私に訴えてくるようになり、こんなに辛くてもトイレはちゃんと行けるようになってたんだ…と成長を感じでしまいました。

その他の症状

 

これも川崎病の特徴なんだとか、、

口内炎は川崎病と関係あったのかは分かりませんが…

長男に出た症状はこんな感じです。

前回の話の続きは次回に続きます。